ご注文/チューンナップコース

無料サービス補修/デッキシート欠損

無料補修です
(※デッキシート欠損補修のみのご注文はお受けしておりません)

009_2

デッキシートの角が僅かに欠け落ちてちょっと見栄えが悪くなったり・・
スキーでもボードでもよくあります。楽しませてくれた相棒の雪板は
気遣って使用していても、特にインサイドをついつい痛めつけてしまいがち。

例えばこんな・・・
デッキ欠損のいろいろ

この補修のお問い合わせが結構多い

でも当店ではこの補修に関しては同一シート素材も持っておりませんし、
新品同様に見栄えよく仕上げる塗装技術もありません。頑丈でしっかりした補修は出来ませんが
簡易補修での応急処置は出来ます。

補修後のクレームを裂ける為有料での補修はお受けしておりません。
(『補修のみ』のお見積もりも提示できません)
無料補修です

ちょっと大き目のデッキシートの欠損は周辺のシート剥離要因にもなる為放置できないので、
水分浸入防止、シート剥離防止目的で簡易補修(ホワイトパテ材で)をしてお届けしていますが
補修箇所は白くちょっと目立ちます。

ただし極小の欠損箇所にはパテ材が付きませんので補修できません。
その場合は欠損部分を削り取って滑らかに面取り加工いたします。

15_red板が到着してデッキ欠損箇所が見つかれば出来る限り補修いたしますが、補修の判断は
タカセに一任願います。万が一当店が欠損を見逃して補修漏れのまま返送された場合は
『無料サービス補修』に免じてどうかご容赦ください。
クレームとしての返送はお断りいたします

そんな訳で、『チューンナップは不要、ここだけ補修して』的なご要望はご勘弁下さい。

デッキシート欠損とその補修例
mryo01a.jpg ya6 mryo01x.jpg
▲欠損部分にホワイトパテ材でコーティング仕上げ

mryo03a.jpg  ya6 mryo03x
▲パテ材が付かないササクレ欠損は面取り作業仕上げ

mryo04a  ya6 mryo04x
▲下層素材が露出した大き目の欠損はホワイトパテ材で肉付け仕上げ

muryo_350.jpg(21968 byte)
▲スクートの先端のシート欠損・・パテ材で肉付け後ブラックでスプレー塗装

mryo05a  ya6 mryo05x
▲極小のデッキシート欠損はパテ剤密着不能につき【面取り仕上げを!】


ページトップへ